超音波の力

 

最近はケガでの来院患者がかなり増えております

 

肉離れ、アキレス腱炎、腰痛、膝痛、足関節捻挫、骨折、足の打撲など

 

ケガをした時に大切なことは初期の対応です

 

大した事ないと思っていても、いつまでも痛みが引かない時やどんどん痛くなった時は危険かもしれません

 

一日でも早く治癒するように、当院では固定からリハビリまで施術対応しております

 

治療からリハビリまで多様しているのが伊藤超短波の「UST-770」です

 

 

深部の患部も直接温める立体加熱

 

超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で、温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温めることができます。
ホットパックや遠赤外線など体表面を温める伝導加温では、体表面でエネルギーが消費されてしまい、体の深部まで温めることはできません

 

1秒間に数百万回のミクロマッサージ効果

 

プローブ(皮膚のあてる部分)の中の結晶体を伸縮させることで「圧電効果」による音波を発生。1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージにより、深部に直接刺激を与えることができます

 

 

 

 

 

筋肉痛や関節痛はもちろんの事、骨折、靭帯損傷、肉離れや打撲、アキレス腱炎などお任せください

 

 

当院ではハイボルテージや鍼灸治療と併用し早期治癒へ導きます

 

 

 

スポーツや日常生活でのケガ、鍼灸治療のご要望はお気軽にご連絡ください

 

 

当院のホームページはこちら→http://tokyu.info

お灸


最近は少し朝晩冷えるようになりました

 

当院では患者様にお灸がよく売れます

 

腰痛、肩こり、膝痛はもちろん冷え性、むくみ、不妊治療、不眠、食欲不振、靭帯損傷、捻挫、肉離れなど

 

 

ハムストリング肉離れ、超音波治療後のお灸↓

 

右肘部骨折、LIPUS治療後のお灸↓

 

 

 

当院ではスポーツ外傷後の早期治癒でも医療機器と併用しお灸を使用します

 

 

 

 

ご自宅でも手軽にできるようになっていますのでお問合せください

 

※患部に直接乗せると症状が悪化する場合もあります。必ずお灸をする場所と時期を当院にて確認してください

 

 

 

当院のホームページはこちら→http://tokyu.info

 

 

治らない痛みや違和感

身体のどこかに痛みが出現し、病院や接骨院あるいは治療院へ行き痛みは消失したがまた痛くなったり違和感がいつまでも残ったりする事は結構あり、そのような患者さんが当院にも来院される事はあります。

 

 

その場合患部だけでなくしっかり全身をチェックし何が原因でその部位に痛みが生じているのかを知る事が重要になります。

 

よくある下肢の痛みで足関節の捻挫癖、アキレス腱炎、シンスプリント、ジャンパー膝、膝前十字靭帯損傷、膝内側側副靭帯損傷、半月板損傷、鵞足部炎、外反母趾などはknee-in(ニーイン)と言って、膝が内側に入る事が原因で起こる障害があります

 

knee-inの状態で上記の痛みやケガをした場合では、当然knee-in自体を修正しなければ痛みが継続したり、再度ケガをしたりします。

 

↓正常なアライメントは足趾第2.3〜膝蓋中央〜股関節まで直線になります

 

↓knee-inでは股関節と足趾の内側に膝が入り、上のように一直線になりません

 

この患者さんの主訴は足関節周辺の痛みが1年以上続いており、走れば痛みが出現するそうです(右足のみ)

 

 

 

 

他の治療院へ1年通ったが症状は変わらずとの事。治療内容は患部への超音波治療と電気治療のみ。

 

この場合超音波治療や電気治療も大事ですが体全体を診て治療することも重要です

 

 

このまま放置すればアキレス腱周辺以外にも痛む箇所は出現する事が予測でき、膝の靭帯損傷などのリスクも高まります

 

 

knee-inではジャンプ着地時に踏ん張りが効かずケガをする特徴があり大変危険です

 

 

当院ではknee-inを修正し、ケガをしない身体づくりを身体が覚えるまでトレーニング致します

 

 

今現在痛みが無くても不安があればチェックしますので当院までご連絡ください

 

 

 

 

 

当院のホームページはこちら→http://tokyu.info

 

 

 

 

 

当院のTwitter

こちらでも情報を公開しております

 

Twitterアカウント→http://twitter.com/tokyu_matsuyam

 

フォローの程よろしくお願いいたします。

体調不良は当院へご相談ください

台風も過ぎ去り、本日は涼しくなっていますが体調を崩したりしていませんでしょうか。

 

 

天気、気圧、暑さでの体調不良は鍼灸治療が効果的です。病院に行ってレントゲンを撮った、あるいは採血をしたが原因不明と言われた。だけれども体調が優れないという症状は一度ご来院ください。頭痛、耳鳴り、身体が重たいなど

100%すべてが改善できるとはいかないかもしれませんが、お役に立てることはあります。お電話でのご相談も承っております。

 

 

 

動物は素直なので効果が出やすいそうです^^

(※人間以外の鍼灸治療は当院では行っておりません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて当院でメンテナンスして頂いているアスリートが活躍中ですので、写真をUPしたいと思います

 

 

 

 

調子は悪かった。。

とのことでしたが優勝は逃さない西岡選手。今後は万全の体調で臨めるよう協力したいと思います

 

 

 

 

当院のホームページはこちら→http://tokyu.info

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メディカルトレーナーもやってます

 

 

 

 

 

当院のホームページはこちら→http://tokyu.info

施術時間変更のお知らせ

☆☆☆東宮接骨院・鍼灸院よりお知らせ☆☆☆

 

まず平成30年7月豪雨で被害を受けた方々に心よりお見舞い申し上げます

 

 

 

さて当院ではもっと皆様に便利にご利用していただく為にこの度施術時間の変更致します

 

7/18より毎週月曜日と水曜日のみ施術時間を21時まで延長いたします

 

 

仕事、学校、部活帰りでも時間を気にする事なく施術を受けてもらう為に時間変更を致しますのでお気軽にご来院ください

 

 

今後とも当院をよろしくお願い致します

 

 

 

当院ホームページはこちら→http://tokyu.info

肉離れの治療

当院では肉離れでの来院が多数あります

 

競技や年齢によって負傷する部位はそれぞれ異なります。ハムストリング、大腿四頭筋、腓腹筋など

 

損傷の原因は直接太ももを何かにぶつけた、または何かがぶつかってきた場合と走行中やストップ動作時、ジャンプ動作時に起こる肉離れがあり、これらの原因によって初期対応が変わってきますのでとても重要になります。

 

直接ぶつけた場合の固定は膝を曲げ太ももの筋肉を伸ばした状態で固定またはアイシングします

 

 

この曲がる角度によりだいたいの復帰までの期間がわかります(目安です)

 

 

早期復帰には初期処置が重要になりますのでしっかりと対応しましょう。もしわからない場合は病院の先生に診てもらうまたは当院へご連絡してください

 

 

当院での治療は患者さんの希望によって異なります

とにかく早く治癒させたい、鍼灸はやりたくない、固定したいが患部がかぶれてしまう、痛みを軽減させてほしい・・・など

それぞれに対応しておりますのでご安心ください

 

上記は痛みを軽減させる方法です

 

 

鍼灸+微弱電流を利用した早期治癒をめざした治療法

 

超音波+微弱電流を利用した治療法

 

 

など多種ご用意しております

 

超音波のみでの治療でも効果はかなり有効です

 

↑受傷直後の筋打撲

 

 

 

↑超音波治療開始から来院3回目の損傷部位

 

 

 

 

当院では日常生活やスポーツ活動でのケガの治療に特化しております

 

お困りの際はぜひご連絡お待ちしております

 

 

当院のホームページはこちら→http://tokyu.info

アキレス腱痛への治療

ここ数ヶ月で来院する原因疾患に足関節の負傷、ハムストリング・腓腹筋の肉離れ、アキレス腱の痛みが原因での来院数が増加しています

スポーツ種目では陸上競技、サッカー、バドミントンでのケガが増加傾向にあります

 

 

当院でも治療方法を常に模索し、それぞれの患者さんに合わせた治療方法を選択しています

 

その中で今回は『アキレス腱の痛み』の治療の一例をご紹介いたします

 

 

アキレス腱の負傷で熱感や腫脹が強い時には患部に直接鍼を刺さずに、患部周辺に鍼を刺し腫脹の軽減や疼痛の消失を狙います

 

当院では鍼灸治療と同時に『低出力パルス超音波(LIPUS)』を患部に照射し早期治癒を実現しています

 

 

 

LIPUSの特徴は

・組織修復の促進

・浮腫の軽減

・治癒促進

など様々な効果があります

 

 

 

痛みや違和感がなかなか軽減しない慢性型場合は腓腹筋部に鍼通電を行いながらLIPUSを照射します

 

 

 

 

アキレス腱炎の場合の初期症状は運動の始めに痛みがあり、ウォームアップ後や運動中は痛みが軽くなる特徴があります

そのため慢性化しやすい傾向にあります

 

痛みや違和感を感じたら早めに受診することをおすすめします

 

 

 

患者本人がアキレス腱の痛みと思っても三角骨障害、後脛骨筋や長趾屈筋、長母指屈筋が原因の場合や

発症原因が不明で疼痛・発赤・腫脹が両側性に有する場合は運動器障害以外の可能性もあります

 

必要な場合は当院から医科へご紹介いたします

 

 

 

 

 

 

 

スポーツ活動や日常生活での痛みは当院へご相談ください

 

 

当院のホームページはこちら→http://tokyu.imfo

 

 

 

 

 

 

 

好評につき増台いたしました

5月中旬頃から運動会や部活の総体、気温の安定などから体を動かす人が増加し、それに伴い当院にもケガで来院される方が増えております

 

当院での治療の多くは超音波、鍼灸、マイクロカレント(微弱電流)です

 

マイクロカレント↓  ATミニ

 

 

当院ではATミニ兇鬟譽鵐織襪畦効活用していますが、この度患者様の御希望とレンタル頻度の高さから

 

ATミニ兇鯀台いたしました

 

 

負傷した箇所を早期に、より安全に治療するため院外でもサポート致します

 

 

 

 

ケガ以外でも筋疲労や慢性の痛みでも効果が実感できます。お困りの際はご相談ください

 

 

 

 

当院のホームページはこちら→http://tokyu.info