超音波の力

 

最近はケガでの来院患者がかなり増えております

 

肉離れ、アキレス腱炎、腰痛、膝痛、足関節捻挫、骨折、足の打撲など

 

ケガをした時に大切なことは初期の対応です

 

大した事ないと思っていても、いつまでも痛みが引かない時やどんどん痛くなった時は危険かもしれません

 

一日でも早く治癒するように、当院では固定からリハビリまで施術対応しております

 

治療からリハビリまで多様しているのが伊藤超短波の「UST-770」です

 

 

深部の患部も直接温める立体加熱

 

超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で、温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温めることができます。
ホットパックや遠赤外線など体表面を温める伝導加温では、体表面でエネルギーが消費されてしまい、体の深部まで温めることはできません

 

1秒間に数百万回のミクロマッサージ効果

 

プローブ(皮膚のあてる部分)の中の結晶体を伸縮させることで「圧電効果」による音波を発生。1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージにより、深部に直接刺激を与えることができます

 

 

 

 

 

筋肉痛や関節痛はもちろんの事、骨折、靭帯損傷、肉離れや打撲、アキレス腱炎などお任せください

 

 

当院ではハイボルテージや鍼灸治療と併用し早期治癒へ導きます

 

 

 

スポーツや日常生活でのケガ、鍼灸治療のご要望はお気軽にご連絡ください

 

 

当院のホームページはこちら→http://tokyu.info

コメント