花粉症対策は冬から

春を迎えるにあたって花粉症持ちの方々は、また今年も辛いシーズンが来た・・・と思うでしょうが

 

 

 

 

 

実は花粉症対策は寒いうちから行うと、春に花粉が飛んで来ても症状を大幅に軽減するできます

 

花粉症で鼻水が大量に出たり、くしゃみが止まらなくなったり、咳が出たり、目がかゆくなったり、涙が出たりするのは免疫の過剰反応です。免疫機能が低下しているわけではありません

 

 

免疫機能の過剰反応を抑えるためにまずは自身でできる事を冬の寒いうちに行いましょう

 

対策

^瀋欧鮗蕕蠅泙靴腓ΑР断した葉野菜や海藻類を使った料理を食すこと。生もの、体温より冷たいもの、油っこいもの、味の濃いもの、甘いものは胃腸機能を低下させます

⊃臾欧鬚箸蠅泙靴腓ΑГ箸砲く寝ましょう。花粉症だけでなく体調に異変を感じたら寝る!シンプルにこれです

 

まだまだ対策はありますが1つずつ確実に実行する事が大切です。まずは上記2つを。

 

 

 

 

さらに冬から花粉症の鍼灸治療を行うと良いです

 

鍼灸治療には自律神経のバランスを整える作用、免疫機能を正常に働かせる作用があります

 

花粉症の症状が出てからの治療ではなく冬の間に治療を行いシーズンに対応しましょう

 

 

鍼や灸を施するところは顔だけではありません

 

手や足のツボも使い全身を整えます

 

呼吸が楽になり鼻がすっきりするセルフケアや鼻タケを抑える食べ物、免疫の過敏反応を抑える食べ物を伝えています

 

 

来年の花粉症対策は今12月から行いすっきり春を迎えましょう

 

 

 

当院のホームページはこちら→http://tokyu.info

 

 

 

 

コメント